Meet Our People

2016年入社
K. S. (営業系)

2016年入社 薬学部 卒業

大学時代は薬学部で薬物治療を研究。医療分野での営業職を志望して2016年に新卒でロシュ・ダイアグノスティックスに入社。営業部門に所属。診断が医療を変えることを信じて営業に邁進している。
  •  
    患者さんに最善の医療を届ける営業職(DMR)
    医療現場で行われる臨床検査のなかでも、検体検査用の診断薬・診断機器に関する情報提供を行い、検査機器の導入からサポートまでに携わる営業職(DMR)として働いています。お客様は、総合病院、開業医(クリニック)、臨床検査センター。新薬の承認を得るための治験を行う施設を訪問することもあります。そこでの私の業務は、大きく分けて次の二つです。まず一つは、まだ当社の診断薬・診断機器を導入していない医療施設を訪れて、検査室が抱える課題を伺い、当社の製品を導入することで見込める改善点などをお伝えすることです。訪問相手は院長先生や、病院の経営層に近い方々となるため、医療施設をより良くするための新しい提案を続けるコンサルタントのような役割を担います。もう一つは、すでに当社の製品を導入しているユーザーを訪れ、運用面の課題を解消するサポートをします。どちらも、営業職だけではなく学術やエンジニアリングの部署と連携をとりながら、どうしたらお客様にとって最適なサポートができるのかを常に考えています。
  • 個別化医療の領域で先頭を走る会社に就職
    私は大学で6年間、薬学を専門に学んでいました。薬がどのように血中を移動して体内に取り込まれるかなどを研究するなかで、就職活動でも医療業界を目指しました。とはいえ、私は外に出て人と関わることが大好きなので、早い時期から医療系メーカーの営業職を志望しました。ロシュに入社を決めた理由はいくつかあります。まず、ロシュは検査用の診断薬・診断機器を扱う企業であること。病気の予防や早期発見、治療効果の予測と確認などにつながる検査の領域が、今後の医療では重要な役割を果たすだろうと思いました。実は、就職活動を始めた頃は製薬メーカーの営業職(MR)と迷った時期もありましたが、私なりに医療業界の未来を考えた時に、特定の治療薬に必ずひもづくコンパニオン診断に可能性を感じたのです。その点で当社は、そのような個別化医療(PHC)の領域で、業界の先頭を走っている会社だということ。それから、ロシュグループは世界中で医薬品事業、診断薬事業を展開している、ヘルスケアのグローバルカンパニーであるということ。各分野のノウハウや実績を含めた力強い事業基盤があり、お客様のニーズに応える、多岐に渡る製品群を備えており、医療現場の様々な悩みを解消できる導入のプランを組み立てることができます。入社してからは、ロシュグループの一員ならではの強みに支えられながら、医療施設がさらに良くなり、診断から医療を変えることができるように、日々の営業活動に取り組んでいます。
     
  • 素直であることを大切に、信頼関係を築いた
    営業職としては、お客様と信頼関係を築くことが何よりも大切だと思います。そのために心がけていることは、素直であること。提案内容や運用面で、お客様からご指摘をいただく時には、何が良くなかったのかを素直に聞き、その時に私自身が分からないことも、すぐにお客様に聞くようにしています。そして、病院のメリットにならないと思われることに対しては、やはり素直に「ノー」と言います。そうすると、お客様の方から、かえって信頼していただけるように思います。例えば最初の配属先で、とある病院へ新規提案を行った時に厳しいご意見をいただいたことがありました。その後もあきらめずに1年ほど訪問を続けた後、お客様に異動になることを報告したところ、「担当交代は困る」と嬉しいお言葉をいただいたことがありました。後に当社の製品を導入していただき、お客様とは本社のトレーニングルームで、笑顔で再会することができました。私たちは、製品自体を売り込むという営業活動は行いません。病院が抱える課題を解消に導くことが最優先であり、そのための手段として製品と保守・運用のサポートを提供しています。今後も、お客様との信頼関係を築くために、素直であり続けたいと思っています。