ロシュ・ダイアグノスティックス株式会社

閉じる

OPEN

ロシュ・ダイアグノスティックスのプレスリリース

2016年9月7日

治療中の薬剤耐性ウイルスの出現監視にも有効
C型肝炎ウイルス検査用キット「コバス 6800/8800 システム HCV」
新プラットフォームで発売

ロシュ・ダイアグノスティックス株式会社(本社:東京都港区/代表取締役社長 兼 CEO:小笠原 信)は、C型肝炎治療の診断およびモニタリングに有用なC型肝炎ウイルス核酸(HCV RNA)キット「コバス 6800/8800 システム HCV」を9月23日に発売します。

C型肝炎治療では、インターフェロン(IFN)を用いない直接作用型抗ウイルス剤(DAAs)による治療が始まり、高い確率で治癒が可能になりました。ほとんどの場合、C型肝炎ウイルス(HCV)はDAAs治療初期に急激に減少し、検査で検出されないレベルまで下がります。しかし、ウイルスが完全に消滅したわけではなく、薬剤耐性ウイルスの存在により再増殖する場合があります。持続的にHCVに対して薬効が得られ、HCVの排除が達成されているかを確認するためには、治療中・治療後の定期的な監視が重要となります。

「コバス 6800/8800 システム HCV」はPCR法を用いて血液中のHCV RNA量を測定する検査キットです。HCV抗体検査陽性後の診断、および治療後のモニタリングに用いられます。従来品の「コバスTaqMan HCV 「オート」 v2.0」の「Dual Probeテクノロジー」を継続採用し、新しい遺伝子検査装置「コバス 6800/8800 システム」用のキットとして発売します。「Dual Probeテクノロジー」とは、二つのプローブでウイルスを検出する当社独自の技術です。HCVのPCR標的配列が変異している場合もしくは後天的に変異した場合でも、見逃しを減らしHCVを適切に検出します。例えばDAAs治療による治療ストレスによってPCR標的配列に変異が生じた場合であっても、低反応性のリスクを低減した測定が可能です。さらに、新装置により測定時間は従来の9.5時間から3.5時間に大幅に短縮、RFID(無線チップ)の採用でキットの管理を簡便化するなど、遺伝子検査の効率改善も実現しました。

【製品概要】

(1)特長

  • HCV変異に対する低反応リスクを低減し、DAAs治療中の薬剤耐性ウイルスの出現監視に有効
  • 新装置「コバス 6800システム及びコバス8800 システム」により、測定時間を9.5時間から3.5時間に大幅に短縮
  • RFID(無線チップ)採用で、キットの有効期限、使用回数などをシステム管理

(2)使用検体

  • 血清または血漿

(3)希望販売価格

  • 96テスト 349,000円

(4)対応機器

  • リアルタイム遺伝子解析装置「コバス 6800 システム」および「コバス 8800 システム」

【製品写真】
<この写真は、下記URL「製品画像ダウンロード」より入手可能です。>
http://www.roche-diagnostics.jp/news/photo/index.html

C型肝炎ウイルス核酸キット「コバス 6800/8800 システム HCV」

 

遺伝子解析装置「コバス 8800 システム」(左) 「コバス 6800 システム」(右)

本件のお問い合わせ先

広報グループ(報道関係者向け)

電話03-5443-7040

FAX03-5443-7113


製品に関するお問い合わせ先

電話 0120-600-152

関連サイト

ロシュ・ダイアグノスティックス株式会社