ロシュ・ダイアグノスティックス株式会社

閉じる

OPEN

ロシュ・ダイアグノスティックスのプレスリリース

2015年3月30日

子宮頸がん啓発キャンペーン「子宮頸がん "私の問題"」を後援

ロシュ・ダイアグノスティックス株式会社(本社:東京都港区/代表取締役社長 兼 CEO:小笠原 信)は、MSD株式会社が主催する子宮頸がん啓発キャンペーン「子宮頸がん "私の問題"」の趣旨に賛同し、後援します。

子宮頸がんは国内では毎年約10,000人が新たに罹患し、約3,000人が亡くなっています*。その多くはヒトパピローマウイルス(HPV)の持続感染により発症しますが、初期段階で発見できれば治療が可能です。しかし日本女性の検診率は37.7%で先進諸国(60~80%)を大きく下回っています**。当社はHPVのうち、がんに進展するリスクの高い16/18型のタイピングと、その他12種類の高リスク型HPVを一括で検出できる遺伝子検査キット「コバス® 4800 システム HPV」を2013年1月に発売しました。また、子宮頸がん予防のための啓発活動にも努めてまいりました。

本キャンペーンの目的である「子宮頸がんの実態とこの病気が女性の人生に与える影響を正しく理解していただくこと」は、早期の発見が予防へとつながる子宮頸がんにおいて、当社が取り組んでいることでもあります。そのため、このたび趣旨に賛同し、検査機器・診断薬メーカーとして本キャンペーンに協力することといたしました。

*厚生労働省 子宮頸がん予防ワクチンQ&A
**OECD Health Data

 
 

子宮頸がん啓発キャンペーン「子宮頸がん "私の問題"」 (主催: MSD株式会社)
実施期間: 2015年3月30日~2015年末
展開媒体: 新聞広告、交通広告、インターネット広告、特設サイトなど
特設ウェブサイト: http://www.shikyukeigan.jp/
子宮頸がんに関する様々なデータを視覚的に伝えるインフォグラフィックや患者さんやその家族などの実話に基づいた ショートストーリーが順次掲載されます。

※当社ウェブサイトにも本キャンペーンサイトへのリンクを設け、この活動を応援します。
ロシュ・ダイアグノスティックス株式会社ウェブサイトhttp://www.roche-diagnostics.jp/
当社の子宮頸がん予防啓発サイト「あかずきん.jp」 http://www.aka-zukin.jp/

本件のお問い合わせ先

広報グループ

電話03-5443-7040

FAX03-5443-7113

関連サイト

ロシュ・ダイアグノスティックス株式会社