ロシュ・ダイアグノスティックス株式会社

閉じる

OPEN

ロシュ・ダイアグノスティックスのプレスリリース

2013年9月13日

本資料はロシュ・ダイアグノスティックスの親会社であるF.ホフマン・ラ・ロシュ社が2013年9月12日(スイス現地時間)に発表したプレスリリースを日本語に翻訳したもので、報道関係者の皆さまに参考資料として提供するものです。この資料の正式言語は英語であり、表現や内容については英語の原文が優先されます。

原文は下記URLよりご参照ください。
http://www.roche.com/media/media_releases/med-cor-2013-09-12.htm

ダウ・ジョーンズ・サステナビリティ・インデックスにサステナビリティ・リーダーとして継続選定

バーゼル/スイス 2013年9月12日- ロシュ社はダウ・ジョーンズ・サステナビリティ・インデックス(DJSI)の製薬・バイオテクノロジー&ライフサイエンス部門におけるグループ・リーダーに5年連続して選定されました。選定は企業の経済、社会、環境の3分野のパフォーマンスを徹底的に調査した結果に基づいて行われます。DJSIは企業の持続可能性をポートフォリオ決定の指標とする投資家のベンチマークとなっています。

ロシュCEOのセヴェリン・シュヴァンは「業界内でもっとも持続可能性(サステナビリティ)の高い企業として改めて認定されたことを大変誇りに思います。当社は今後も新たな治療薬と診断薬の開発を通じて、患者さんと世の中のために貢献できるよう事業を行っていきたいと思います。」と述べています。そして、「今日、多くの挑戦には、さまざまなステークホルダーの協力と新しいビジネスアプローチが必要です。たとえば、全世界で医療へのアクセスを向上させることなどがそれにあたります。業界だけでなく、社会が持続可能な形で利益を得るような戦略を取っていかなければ、企業の成功はないことをわれわれははっきりと意識しています。」と加えています。

本年度のDJSIの選定では、ロシュがこれまで行っていた一連の取り組みが強調されました。例えば、イノベーションへの取り組み、中でも新たな付加価値を生む新薬の開発、サプライチェーン・マネージメント、ステークホルダーに対する取り組みなどです。能力開発と将来のリーダー育成に関するロシュのプログラムおよび、カスタマー・リレーションシップ・マネージメントは最高点を得ることができました。また、マーケティング実践、人権、環境報告、保健衛生の向上への貢献の各分野でも高得点を得ることができました。

ロシュは2009年に主要業績評価指標を評価基準とする一連の5か年目標を導入しました。この目標には主要ポストの女性が占める割合を50%以上に引き上げるといった多様性に関する目標や、エネルギー効率を2014年末までに10%引き上げるといったエネルギー消費を下げる目標が含まれています。ロシュはこれらを初めとするさまざまなプロジェクトを推し進めていきます。

ダウ・ジョーンズ・サステナビリティ・インデックスについて

ダウ・ジョーンズ・サステナビリティ・インデックスは、S&Pダウジョーンズ・インデックスとロベコSAMにより共同運営されています。「クラス最高」のアプローチにしたがい、持続可能性の点で世界的なリーダー企業のパフォーマンスを測定します。ロベコSAMは新興国の800企業を含む3000以上の上場企業を選定の対象とします。このインデックスの対象となる企業は、一般的かつ業界固有の持続可能性トレンドを表す長期的な経済・環境・社会的な基準に対する包括的な評価に基づいて選定されます。この評価において各業界のトップクラスの企業のみがインデックスの対象となります。このインデックスは体系的な方法論に従って作成・維持されるため、投資家はこれを基準に持続可能性に基づくファンドやデリバティブを長期にわたって適切に評価することができます。ロベコSAMは世界産業分類基準(GICS)に基づき毎年24業種別にトップ企業を決定しています。DJSIに関する詳しい情報は公式サイトwww.sustainability-index.com でご覧ください。

ロシュについて

スイスのバーゼルに本社を置き、医薬品ならびに診断薬事業の双方に強みを持つ研究開発型の世界的ヘルスケア企業です。がん、ウィルス感染症、炎症、代謝ならびに中枢神経系領域において他社と一線を画した薬剤を保有する世界最大のバイオテクノロジー企業です。さらに、体外診断薬、がんの組織学的診断の世界的リーダーであり、糖尿病管理のパイオニアです。ロシュでは、個別化医療戦略を掲げ、患者の健康、QOL、延命を明確に改善する薬剤や診断薬の提供を目指しています。2012 年、世界各国に82,000 人以上の社員を擁し、研究開発費に約80 億スイスフランを投資しています。ロシュグループの2012 年の売上は455 億スイスフランでした。ジェネンテック社(米国)は、100%子会社としてロシュグループのメンバーとなっています。また、ロシュは中外製薬社(日本)の株式の過半数を保有しています。さらに詳しい情報はwww.roche.com をご覧下さい。

本リリース中のトレードマークはすべて法律により保護されています。

本件のお問い合わせ先

広報グループ

電話03-5443-7040

FAX03-5443-7113

ロシュ・ダイアグノスティックス株式会社