ロシュ・ダイアグノスティックス株式会社

閉じる

OPEN

ロシュ・ダイアグノスティックスのプレスリリース

2012年12月10日

HPV16/18型の同定および12種類の高リスク型HPVの一括検出を同時に実施
子宮頸がんスクリーニングキット「コバス4800システム HPV」発売のお知らせ

ロシュ・ダイアグノスティックス株式会社(本社:東京都港区/代表取締役社長 兼 CEO:小笠原 信)は、子宮頸がんの原因となるHPV(ヒトパピローマウイルス)の中でも、がんの進展リスクが極めて高いHPV16型および18型の同定とその他高リスク型HPV12種の一括検出を同時におこなえる子宮頸がんスクリーニングキット「コバス4800システム HPV」の製造販売承認を11月29日付で取得し、2013年1月17日に発売いたします。

子宮頸がんは、その99%以上がHPVの持続感染が原因となって発症するとされ、定期的な検診で早期に発見し、未然に防ぐことができるがんと考えられています。中でも、HPV16型および18型の持続感染は、前がん病変であるCIN3(Cervical Intraepithelial Neoplasia:子宮頸部上皮内腫瘍グレード3)への進行速度がその他の高リスク型HPVに比べて早く、また、日本における子宮頸がんの約6割が16型および18型に起因していることからも、リスクが極めて高いタイプとされています。 2012年3月に子宮頸がんの予防および早期発見に向けて、米国にて発表された米国がん協会(ACS)、米国コルポスコピー・子宮頸部病理学会(ASCCP)および米国臨床病理学会(ASCP)の3団体合同による新しいガイドラインでは、30歳から65歳の女性に対しては、細胞診に加えてHPV検査を併用することを推奨しており、その結果、細胞に異常が認められなくともHPVが陽性と判定された場合は、直ちに16型および18型の同定検査をおこなうことが認められています。

「コバス4800システム HPV」は、核酸抽出から核酸増幅・検出まで全自動でおこなえる弊社の「コバス4800 システム」を用いて、HPV16/18の型の同定とその他12種類の高リスク型HPVを一括で検出できるスクリーニング用遺伝子検査キットです。本検査キットは、子宮頸がん進展のリスクが特に高い女性を鑑別診断することができるため、不必要な精密検査の回避や子宮頸がん検診における診断精度と効率性の改善によって、子宮頸がん予防への大きな貢献が期待されます。
 その他高リスク型HPV12種: ジェノタイプ31、33、35、39、45、51、52、56、58、59、66、68

【製品概要】

1. コバス4800 システム HPV

(1) 製品特性

  • HPV16/18型の同定とその他高リスク型HPV12種の一括検出が同時に実施可能
  • 核酸の抽出から増幅・検出までの工程を弊社の「コバス 4800 システム」によって全自動で実施可能

(2) 希望販売価格

製品名 包装単位 希望販売価格(税抜)
コバス 4800 システム
液状細胞用抽出セット 240
240テスト
67,100円
コバス 4800 システム
液状細胞用抽出セット 960
960テスト
367,900円
コバス 4800 システム
HPV増幅・検出用試薬セット 240
240テスト
350,400円
コバス 4800 システム
HPV増幅・検出用試薬セット 960
960テスト
1,498,000円

2. コバス4800 システム

(1) 製品特性

    全自動核酸抽出装置: コバス4800 システム コバス x 480
  • 核酸の抽出・精製を自動化
  • 最大96検体を約2時間で処理

    核酸増幅・検出装置: コバス4800 システム コバス z 480
  • TaqMan® PCR法により高感度かつ高精度に検出
  • 4つのフィルター搭載により複数項目の同時測定が可能

(2) 希望販売価格

製品名 システム構成 希望販売価格(税抜)
コバス4800 システム
全自動核酸抽出装置
核酸増幅・検出装置
操作用PC
25,000,000円

【製品写真】

<製品写真は、下記URL「製品画像ダウンロード」より入手可能です>
http://www.roche-diagnostics.jp/news/photo/index.html

コバス 4800 システム
コバス 4800 システム

本件のお問い合わせ先

経営企画・広報グループ

電話03-5443-7040

FAX03-5443-7113

関連サイト

ロシュ・ダイアグノスティックス株式会社