ロシュ・ダイアグノスティックス株式会社

閉じる

OPEN

ロシュ・ダイアグノスティックスのプレスリリース

2012年9月12日

染色前処理工程を自動化し、複数の多様な染色メニューを一度に処理
全自動特殊染色装置「ベンタナ ベンチマークSS」発売のお知らせ

ロシュ・ダイアグノスティックス株式会社(本社:東京都港区/代表取締役社長 兼 CEO:小笠原 信)は、2012年9月18日に、前処理から染色までの一連のプロセスを完全自動化するとともに、一度に様々な染色メニューの処理が可能な臨床用全自動特殊染色装置「ベンタナ ベンチマークSS」を発売します。

「ベンタナ ベンチマークSS」は、病理学的検査において染色の前処理工程であるベーキングおよび脱パラフィンから染色までの一連の工程を完全自動化した臨床用全自動特殊染色装置で、当社既存品の「ベンタナ NX-SS」の後継機種となります。 特殊染色は、一般染色(H&E染色)の補助的染色として位置付けられ、一般染色では鑑別不可能な症例で実施されます。 目的に応じて様々な染色メニューがあり、特定の部位を特異的に染め出すことで、組織の変性を把握するのに有効な手法として用いられています。

本システムは、既存品では手作業で行う必要があった染色前の工程であるベーキング(組織を伸展し、パラフィンを融かすプロセス)および脱パラフィン(溶けたパラフィンを除去するプロセス)の処理を全自動で行うことができます。この脱パラフィンの工程では、溶剤として従来使用されていた毒性の強いキシレンを使用しないため、検査技師の方々の作業工程におけるキシレンへの暴露が低減され、安全性が高まります。 また、既存システムでは、単一のヒーターを採用していたため、処理する複数の染色メニュー間でそれぞれの反応適正温度に差が生じる場合は、同時に処理ができないなど一度に行えるメニューの種類に制約がありました。 本システムではスライドごとに温度制御が可能な独立型ヒーターを搭載しているため、染色メニューの組み合わせに制約がなくなり、様々な種類のメニューを同時に処理することが可能です。

「ベンタナ ベンチマークSS」は、病理学的検査領域におけるワークフローの全自動化を進めることで、検査の精度向上と効率化を図ります。

【製品特性】

  • ベーキングと脱パラフィンの工程を自動化し、染色までのプロセスを大幅に効率化
  • 独立型スライドヒーティング機能搭載により、反応適正温度が異なる染色メニューも同時に処理が可能

【製品概要】

(1)仕様

寸法(W) × (D) × (H)
染色モジュール
バッファーモジュールおよび廃液モジュール
40.9cm × 66.0cm × 38.4cm
50.8cm × 61.0cm × 90.2cm
重量
染色モジュール
バッファーモジュールおよび廃液モジュール
30.8kg
45.54kg
一括処理スライド枚数
最大20スライド
処理時間
20スライド/20~90分
(ベーキング・脱パラフィン処理も行った場合はプラス16分)

(2)希望販売価格(税抜)

製品名 希望販売価格 備考
ベンタナ ベンチマークSS 
8,300,000円
染色装置本体
ベンタナ 染色装置用 コントロールシステム UC
3,500,000円
染色装置制御用PC

(3)製品写真

<製品写真は、下記URL「製品画像ダウンロード」より入手可能です>
http://www.roche-diagnostics.jp/news/photo/index.html

ベンタナ ベンチマークSS
ベンタナ ベンチマークSS

本件のお問い合わせ先

経営企画・広報グループ

電話03-5443-7040

FAX03-5443-7113

関連サイト

ロシュ・ダイアグノスティックス株式会社