ロシュ・ダイアグノスティックス株式会社

閉じる

OPEN

ロシュ・ダイアグノスティックスのプレスリリース

2012年2月2日

(当参考資料は、ロシュ・アプライド・サイエンスが2012年1月31日付で発表した英文プレスリリースの翻訳版です)
2012年1月31日ドイツ ペンツバーグ 発

ダン・ザブロウスキーがロシュ・アプライド・サイエンス事業の新しいヘッドに就任


2012年2月1日付で、ドイツ ペンツバーグを本拠地とするロシュ診断薬事業部門のロシュ・アプライド・サイエンス事業のヘッドに、ダン・ザブロウスキーが就任します。同氏は、2011年9月より同事業を率いてきたポール・ブラウンの後継者となり、ロシュ診断薬事業部門 COOであるダニエル・オデイにレポートすることになります。

ダン・ザブロウスキーは、これまではロシュ・パートナリング部門のグローバルヘッドであり、ロシュ経営執行委員会および中外製薬社取締役会のメンバーでもありました。同氏は1994年のSyntex社の買収に伴いロシュに入社し、薬事および開発関連部門において数多くのマネジメント職を経験しています。インディアナ大学にて博士号(有機化学)を取得しています。

 
 
【ロシュについて】

スイスのバーゼルに本社を置き、医薬品ならびに診断薬事業の双方に強みを持つ研究開発型の世界的ヘルスケア企業です。がん、ウイルス感染症、炎症、代謝ならびに中枢神経系領域において他社と一線を画した薬剤を保有する世界最大のバイオテクノロジー企業です。さらに、体外診断薬、がんの組織学的診断の世界的リーダーであり、糖尿病管理のパイオニアです。ロシュでは、個別化医療戦略を掲げ、患者さんの健康、QOL、延命を明確に改善する薬剤や診断薬の提供を目指しています。2010年、世界各国に80,000人以上の社員を擁し、研究開発費に約90億スイスフランを投資しています。ロシュグループの2010年の売上げは475億スイスフランでした。ジェネンテック社(米国)は、100%子会社としてロシュグループのメンバーとなっています。また、ロシュは中外製薬社(日本)の株式の過半数を保有しています。さらに詳しい情報はwww.roche.comをご覧下さい。

本プレスリリースに使用された商標等はすべて法律で保護されています。

 

本件のお問い合わせ先

経営企画・広報グループ

電話03-5443-7040

FAX03-5443-7113

ロシュ・ダイアグノスティックス株式会社