ロシュ・ダイアグノスティックス株式会社

閉じる

OPEN

ロシュ・ダイアグノスティックスのプレスリリース

2011年3月25日

東北地方太平洋沖地震に対する弊社の支援活動について

ロシュ・ダイアグノスティックス株式会社(代表取締役社長 兼 CEO:小川 渉)は、このたび2011年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震による被災者に対して医療活動をおこなう医療機関および災害派遣医療チーム(DMAT)等への支援を目的に、弊社の医療用小型分析装置ならびに専用試薬を、日本赤十字社、拠点病院および各医療関連学会等を通じて提供させていただくことといたしました。今回提供させていただきます医療用小型分析装置ならびに専用試薬は以下の通りです。 

(1) 胸痛・心筋マーカー小型分析装置および専用検査試薬


製品名
「コバス h 232」
提供台数
100台
使用用途
胸痛マーカーおよび心筋マーカーの測定
検体
全血(150μL)
測定時間
8~12分
※測定項目によって異なります
専用試薬(2種)
・「カーディアック試薬 D-ダイマー コバス h 232用」 (5,000テスト分)
―肺血栓塞栓症や深部静脈血栓症の除外診断に有用
・「カーディアック試薬 トロポニンT コバス h 232用」 (2,000テスト分)
―心筋梗塞の診断に有用

(2) 血糖自己測定器および関連品


製品名
「アキュチェック アビバ」
提供台数
1,000台
使用用途
血糖値の測定
検体
全血(0.6μL)
測定時間
約5秒
関連品
・試験紙:「アキュチェックアビバストリップ」 (50,000テスト分)
・単回使用採血用穿刺器具:「セーフティプロウノ」 (50,000本)

被災されました皆様には謹んでお見舞い申し上げますとともに、一日も早い被災地の復興を心よりお祈り申し上げます。

本件のお問い合わせ先

経営企画・広報グループ

電話03-5443-7040

FAX03-5443-7113

ロシュ・ダイアグノスティックス株式会社