ロシュ・ダイアグノスティックス株式会社

閉じる

OPEN

ロシュ・ダイアグノスティックスのプレスリリース

2010年06月30日

「インダストリアルビジネス」から「カスタムバイオテック」へ
よりお客様本位のサービスを目指して原料ビジネスの名称を変更

 

ロシュ・ダイアグノスティックス株式会社(代表取締役社長 兼CEO:小川 渉)は、2010年6月30日に、事業の一つである診断薬・医薬品等の原料ビジネスの名称を、「インダストリアルビジネス」から、最先端の技術でお客様本位のサービスを提供することを訴求する新名称「カスタムバイオテック」へ変更しました。

ロシュグループは、過去30年にわたり診断薬・医薬品の工業用原料の製造を行なっており、取り扱う原料の種類は1,000種類を超え、豊富な製品ラインナップを取りそろえています。 このたび、診断薬・医薬品等の産業において、お客様本位の姿勢で最先端の技術により、お客様のニーズに沿う高性能な原料をご提供するという、私たちの使命を反映させるため、原料ビジネスの名称を「インダストリアルビジネス」から「カスタムバイオテック」へ変更しました。

新名称「カスタムバイオテック」の“カスタム”は、お客様本位のサービス、そしてお客様のニーズに沿うカスタムメードなサービスを示し、“バイオテック”は、最先端の技術を指しています。 今回の事業名称の変更と同時に新たにロゴを導入し、いっそうお客様へのアプローチを進め、豊富な製品ラインナップとロシュグループが持つ最先端の革新的な技術で幅広いニーズにお応えしてまいります。

カスタムバイオテック ロゴ
「カスタムバイオテック ロゴ」

 
 

本件のお問い合わせ先

広報・CSRグループ

電話03-5443-7040

FAX03-5443-7113

ロシュ・ダイアグノスティックス株式会社