ロシュ・ダイアグノスティックス株式会社

閉じる

OPEN

ロシュ・ダイアグノスティックスのプレスリリース

2009年05月13日

ウサギモノクローナル抗体を用いた特異性に優れた乳がん組織検査用腫瘍マーカーキット
「ベンタナI-VIEWパスウェーHER2(4B5)」「ベンタナI-VIEWコンファームER(SP1)」
発売のお知らせ

 

ロシュ・ダイアグノスティックス株式会社(代表取締役社長兼CEO:小川 渉)は、2009年4月22日付で、乳がん患者さまのHER2タンパクおよびエストロジェンレセプターの発現を、免疫組織化学染色法により検出する組織検査用腫瘍マーカーキット「ベンタナI-VIEWパスウェーHER2(4B5)」ならびに「ベンタナI-VIEWコンファームER(SP1)」の医薬品の製造販売承認を取得し、同年5月20日より発売いたします。

近年、日本において乳がんの発症率は急激な増加傾向にあり、2002年の女性の部位別がん罹患数では第1位です(結腸がんと直腸がんを合わせた場合には、大腸がんが1位)。 2006年の女性の部位別がん死亡数では、乳がんは大腸、胃、肺に次いで4位ですが、年間の死亡者数は11,000人を超えています(「がんの統計’08年版」より)。乳がん発症率が高い欧米においても、患者数は増加していますが、近年は検診の普及による早期発見や術後の適切な薬物治療によって、その死亡率は減少しはじめています。

「ベンタナI-VIEWパスウェーHER2(4B5)」および「ベンタナI-VIEWコンファームER(SP1)」は、ウサギモノクローナル抗体を用いた特異性に優れた組織検査用腫瘍マーカーキットで、病理診断をもとにした乳がん患者さまの術後の治療方針決定の際に有用です。「ベンタナI-VIEWパスウェーHER2(4B5)」によるHER2タンパクの過剰発現の有無の検出は、分子標的治療薬ハーセプチンの治療対象者を選別する指標となります。 一方、「ベンタナI-VIEW コンファームER(SP1)」はエストロジェンレセプターを検出することにより、ホルモン療法の治療効果を予測する指標となります。これまでの弊社の免疫組織化学染色法による組織検査用腫瘍マーカーキットでは、マウスモノクローナル抗体が用いられていましたが、特異性に優れたウサギモノクローナル抗体を採用することで、安定した再現性の高い検査結果の提供が可能になりました。

なお、プロジェステロンレセプターを検出し、ホルモン療法の治療効果を予測する指標となるウサギモノクローナル抗体を用いた「ベンタナI-VIEWコンファームPGR(1E2)」は、昨年11月に既に発売しています。このたび新たに2製品が加わることで、ウサギモノクローナル抗体による乳がん組織検査用腫瘍マーカーキットのラインナップが揃います。

ロシュ・ダイアグノスティックスは、患者さま一人ひとりにぴったりの医療を目指して、製品やサービスを通じテーラーメード医療に貢献してまいります。


【製品特性】

  • ウサギモノクローナル抗体を用い、優れた特異性を実現
  • 全自動免疫染色装置「ベンタナXTシステム ベンチマーク」を用い、検出までの作業(脱パラフィン~免疫組織化学染色法による検出)を全自動で約3時間以内に処理することが可能
  • 全自動免疫染色装置「ベンタナXT システムベンチマーク」を用い、最大30検体の同時処理が可能

【希望販売価格】(税抜)

製品名 包装単位 価格
ベンタナI-VIEWパスウェーHER2(4B5) 50テスト 98,000円
ベンタナI-VIEWコンファームER(SP1) 50テスト 48,000円
ベンタナI-VIEWコンファームER(SP1) 250テスト 216,000円

【専用機器】
全自動免疫染色装置「ベンタナXTシステム ベンチマーク」(税抜価格: ¥14,800,000)

【製品写真】
※製品写真は、下記URL「製品画像ダウンロード」より入手可能です。
http://www.roche-diagnostics.jp/news/photo/index.html

「ベンタナI-VIEWパスウェーHER2(4B5)」
「ベンタナI-VIEWパスウェーHER2(4B5)」

「ベンタナXTシステム ベンチマーク」
「 ベンタナXTシステム ベンチマーク 」

報道機関からのお問い合わせ先

広報・CSRグループ

電話03-5443-7040

FAX03-5443-7113

お客様からのお問い合わせ先

カスタマーサポートセンター

電話0120-868-555

ロシュ・ダイアグノスティックス株式会社