ロシュ・ダイアグノスティックス株式会社

閉じる

OPEN

ロシュ・ダイアグノスティックスのプレスリリース

2008年12月24日

2009年1月1日付
TD事業部創設およびTD事業部長就任のお知らせ

 

ロシュ・ダイアグノスティックス株式会社(代表取締役社長 兼 CEO:小川 渉)は、2009年1月1日付の新事業部創設および事業部長就任に関し、下記のとおり、お知らせいたします。

1.TD事業部創設
ロシュ・グループによるベンタナ社経営統合の一環として、去る2008年7月1日、Ventana® Medical Systems Inc. (U.S.A.) の日本法人であるベンタナ・ジャパン(株)の株式を100%取得し、子会社化しましたが、さらに今般、ベンタナ・ジャパン(株)の病理検査ビジネスを継承し、ロシュ・ダイアグノスティックス(株)の新しい事業部として「td(ティー・ディー)事業部」を設けます。これにより、2009年1月1日付にて、ロシュ・ダイアグノスティックス(株)がベンタナ・ジャパン(株)を完全経営統合することとなります。
<註>TD=Tissue Diagnostics ティッシュー ダイアグノスティックスの意

2.TD事業部長就任およびTD事業部創設に伴う転籍入社
2009年1月1日付にて、現ベンタナ・ジャパン(株)代表取締役社長の磯部仁司が、TD事業部長に就任いたします。
また、同日付にて、現ベンタナ・ジャパン(株)の従業員31名が転籍入社いたします。

【参考資料】

●ベンタナ社の事業概要と完全経営統合によるビジネス効果
ベンタナ社は、癌の研究・診断・治療の各分野において必須である病理検査に特化した企業であり、病理検査の自動化機器および試薬のグローバル・リーディングカンパニーとして知られています。ベンタナ社の機器システムの設置台数は、競合他社が設置している機器の合計台数の4倍以上にも上り、世界トップレベルの癌専門病院や分子生物などの研究機関等で高い評価を得ています。一方、ロシュ・ダイアグノスティックスは、ロシュ・グループの体外診断薬・検査試薬と自動分析機器、研究用試薬・機器の事業部門で業界のトップランナーです。この両社の経営統合により、各国においてロシュの抗体医薬を中心とした癌領域での治療薬事業とも併せて大きなシナジー効果が期待されます。

<シナジー効果>

  1. ロシュの、血液検体による検査技術(バイオマーカー診断技術)とベンタナの組織診断技術の組み合わせによる診断技術・効果の向上
  2. 特に、癌領域におけるロシュの腫瘍マーカーとベンタナの癌組織診断の組み合わせによる診断技術・効果の向上
  3. 両社による医療機関顧客に対する総合提案力の増強

本件のお問い合わせ先

広報・CSRグループ

電話03-5443-7040

FAX03-5443-7113

ロシュ・ダイアグノスティックス株式会社