ロシュ・ダイアグノスティックス株式会社

閉じる

OPEN

ロシュ・ダイアグノスティックスのプレスリリース

2008年11月21日

ロシュ・ダイアグノスティックス株式会社
サンスター株式会社

4セクターが参画した地域プロジェクト
学生・企業・NPO・行政の連携による
10代の若者向け エイズ予防啓発冊子発行

 

学生・企業・NPO・行政による「若者による性感染症予防プロジェクト」(港区みなと保健所主催)が制作した、エイズ・性感染症啓発リーフレット 『MY WILL』 が完成し、明治学院大学 白金祭(11月1日~3日)を皮切りに、区内の中学生・高校生・大学生に向けて配布されました。このリーフレット制作に、ロシュ・ダイアグノスティックス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長兼CEO 小川渉)とサンスター株式会社(本社:大阪府高槻市、代表取締役社長 濱田和生)が、地域企業として協力しました。


エイズ予防啓発リーフレット『MY WILL』
若者自身が中心となり制作した
エイズ予防啓発リーフレット『MY WILL』

<「若者による性感染症予防プロジェクト」>

港区内の高校生、大学生が、学びや議論を通して、自分たちの視点で、エイズ・性感染症の予防啓発リーフレットを作る、港区みなと保健所の新しいプロジェクトです。リーフレットの制作を通じて、エイズや性感染症への関心を高め、若者自身が自分たちの力で、自分たちの世代へ予防について呼びかけていくことを期待し、今年4月に発足しました。
プロジェクトの運営会議は月1回のペースで開かれ、冊子の内容、構成、デザイン、紙の種類に至るまで、全員で話し合って決めてきました。会議の様子は港区のケーブルテレビでも11月16日から30日まで放映されています。

<プロジェクトの特徴>

若者、地域企業、NPO法人、行政の4つのセクターが参画したこと、若者が能動的に手に取るようなリーフレットを制作するために若者の意見を取り入れたこと、が大きな特徴です。
東京都立三田高校の女子生徒2名と、明治学院大学の男子学生1名を中心に、作成委員9名が、半年間にわたる運営会議を通して、リーフレットを完成させました。サンスター(株)およびロシュ・ダイアグノスティックス(株)は、港区内に事業所を置き、エイズ予防啓発に取り組む企業として、このプロジェクトの趣旨に賛同し、協力しました。

<リーフレット『MY WILL』>

大学生メンバーが、「若い人たちが手に取りやすく、分かりやすいように、頭をひねって考えた素敵なパンフレットです」と語るとおり、内容からイラスト、用紙の選定など、細部にまでこだわって作られており、配布対象となる中学生・高校生・大学生が、エイズや性感染症とその予防について関心を持つきっかけになることが期待されています。
また、タイトルの『MY WILL』には、エイズ・性感染症について正しく知り、予防する意思を持ってほしい、という想いが込められています。

<『MY WILL』の特徴>

  • カップルがともに学び、愛情を深めるストーリー仕立ての内容
  • 10代の若者に理解しやすい言葉づかい
  • 中学生・高校生が親しみを感じるキャラクターデザイン
  • 手に取りやすいサイズ、温かみを感じる用紙

『MY WILL』
  • イラストをふんだんに活用し、親しみやすいデザインにしました。
  • 楽しく学びながら読み進めていけるよう工夫しています。
  • 若者にわかりやすい言葉づかいをするよう工夫しています。

<『MY WILL』の活用>

11月1日~3日に開催される「明治学院大学 白金祭」で先行して配布を開始し、区内の高校、専門学校、大学に送付するほか、12月1日の「世界エイズデー」に向け、港区内でおこなわれる各種のエイズ啓発イベント等で配布していきます。

 

【参考資料】

「若者による性感染症予防プロジェクト」

1.目的

  • リーフレットの作成と配布により、港区内の10代の若者の性感染症への関心を高める。
  • リーフレット作成委員会を通じて、みなと保健所の性感染症予防事業へ、若者自身がより積極的に参加するきっかけを作る。

2.配布対象

港区内在学の高校生、専門学校生、大学生

3.リーフレットの性格

港区の10代の若者に向けて、性感染症について知り、関心を高めてもらうことを目的とする。初めて性感染症を知る学生にも、簡単に理解してもらえる内容とする。また、若者によるリーフレット作成委員会を立ち上げ、当事者の若者たちが自分たちの目線で作成することにより、より若者たちに興味を持ってもらえる内容とする。

4.スケジュール

全5回、時間16:00~18:00

第1回  

4月15日  

顔合わせ、講師(DJ山本シュウ氏)による動機付け講演

第2回  

5月28日  

資料の叩き台作り

第3回  

7月11日  

原稿作り

第4回  

8月8日  

レイアウトの検討

第5回  

9月22日  

原稿の最終校正、配布場所の決定

(リーフレット配布)

第6回  

12月

リーフレット配布後、反省会・終了式(予定)

5.作成委員会メンバー

学生:東京都立三田高校、明治学院大学
企業:サンスター株式会社、ロシュ・ダイアグノスティックス株式会社
その他:NPO法人HIVと人権・情報センター

このニュースレターに関するお問い合わせ先

ロシュ・ダイアグノスティックス株式会社
広報・CSRグループ(担当:稲見)

〒105-0014 東京都港区芝2-6-1

電話03-5443-7040

FAX03-5443-7113

サンスター株式会社
広報室(担当:吉田)

〒105-0014 東京都港区芝3-8-2-21F

電話03-5441-1424

FAX03-5441-8778

冊子に関するお問い合わせ先

港区みなと保健所
予防係 (担当:寺戸・目時)

東京都港区三田1-4-10

電話03-3455-4770

FAX03-3798-4619

ロシュ・ダイアグノスティックス株式会社