ロシュ・ダイアグノスティックス株式会社

閉じる

OPEN

ロシュ・ダイアグノスティックスのプレスリリース

2008年11月19日

2社共同開催「STOP AIDS! チャリティ古本市」盛況 
~ 売上金約34万円を財団法人エイズ予防財団に寄付 ~

 

2008年11月18日、ロシュ・ダイアグノスティックス株式会社(本社:東京都 港区、代表取締役社長 兼 CEO:小川渉)とサンスター株式会社(本社:大阪府高槻市、代表取締役社長 濱田和生)は、昨年に続き第2回目となったエイズ啓発活動「STOP AIDS!チャリティ古本市」の売上金や募金の総額341,746円を財団法人エイズ予防財団に寄付しました。

この活動は、両社の全国の社員やお取引先様から寄付をうけた古本などを近隣企業や住民の方に販売し、その売上を財団法人エイズ予防財団に寄付するもので、昨年から2社で共同開催しています。第2回目となった今年の古本市は10月20日から4日間にわたり開催し、およそ5,000点の本やCD・DVDを販売しました。

今年は、昨年に引き続き港区と(財)エイズ予防財団のご後援をいただいたほか、さらに近隣の町内会の皆さまのご協力をいただいたことで、4日間の来場者数は昨年度を上回る約700名となりました。購入されたお客様や寄付をいただいた方には、もれなく啓発パンフレットやレッドリボンをお渡しすることで、HIV/エイズへの啓発を行いました。

今回の売上や募金の総額は昨年を約10万円上回る341,746円となり、全額を(財)エイズ予防財団に寄付いたしました。この寄付金は、日本エイズストップ基金を通じてエイズに関わる民間ボランティア団体の活動助成金として使われる予定です。

両社は、今後も地域の皆さまとの交流を深めるとともに、さまざまな形でHIV/AIDSへの取り組みを継続してまいります。

 

開催の様子 ロシュ・ダイアグノスティックス
開催の様子 ロシュ・ダイアグノスティックス


財団法人エイズ予防財団
(南澤専務理事・右)への寄付の様子


参考資料:

■チャリティ古本市 購入者へのアンケート結果 ( N = 560 ) 
購入者へのアンケート結果

 

その他、下記のコメントがよせられました。


【購入者からのコメント】 

  • 好きな本が安く買えてエイズ予防にも少しだけ協力できてよかった。
  • すてきなことだと思います。年1回でなくもう少しふやしてください。
  • ぜひ続けてほしい、来年もやってほしい。
  • チャリティの割には思ったよりきれいな本が多くてびっくりしました。
  • いい買い物ができました。ありがとうございました。
  • 会場の場所がよかった。近辺に古本屋がなかったので。
  • こういった活動によって支えられているのだ、と改めて考えさせられた。
  • チャリティに参加できてうれしい。
  • 普段手にしない本なども購入でき、とても有意義でした、ありがとうございました。


■会社概要

【 ロシュ・ダイアグノスティックス株式会社 】 〔 住所 港区芝2丁目6番1号 〕
1896年スイス・バーゼルに設立されたF ・ホフマン・ラ・ロシュの診断薬事業部門の日本法人。
2006年12月現在、代表取締役社長兼 CEO 小川  渉のもとに従業員760人、全国9都市に支店、物流センターを有し、インビトロ・ダイアグノスティックス事業、ダイアベティス・ケア事業、アプライド・サイエンス事業、インダストリアル・ビジネス事業の4事業を展開。2007年の売上高は401億円で、国内第一位であり、診断薬事業部門全体のワールドワイドの売上高は世界1位。株主は Roche Pharmholding BV (100 %)(オランダ)。

【 サンスター株式会社 】 〔 住所 港区芝3丁目8番2号 〕
サンスターは1932年の創業以来、「常に人々の健康の増進と生活文化の向上に奉仕する」という社是のもと、人々の健康で幸せな暮らしづくりを実践しています。現在、日本・北米・欧州・アジアの4極の法人とオフィスで事業を展開し、マウス&ボディ、ヘルス&ビューティ、環境&アメニティ、セイフティ&テクノロジーという4つの事業分野を通じて、世界約80カ国以上で商品やサービスを提供。サンスターグループの中核であるサンスター株式会社は、主力事業であるオーラルケアをはじめ、ヘアケア・スキンケア、食品等の製造・販売をおこなっています。

本件のお問い合わせ先

ロシュ・ダイアグノスティックス株式会社
広報・CSRグループ

電話03-5443-7040

サンスター株式会社
広報室

電話03-5441-1423

ロシュ・ダイアグノスティックス株式会社