ロシュ・ダイアグノスティックス株式会社

閉じる

OPEN

ロシュ・ダイアグノスティックスのプレスリリース

2008年07月30日

片手ですべての操作が可能 穿刺器具一体型の血糖自己測定器
「アキュチェックコンパクトプラス (黒)」販売開始のお知らせ

 

ロシュ・ダイアグノスティックス株式会社(代表取締役社長 兼 CEO:小川 渉)は、穿刺器具を一体化した血糖自己測定器「アキュチェックコンパクトプラス」をモデルチェンジし、2008年8月1日より、血糖自己測定器「アキュチェックコンパクトプラス (黒)」、および専用採血用穿刺器具「ソフトクリックスプラス (黒)」を発売いたします。

「アキュチェックコンパクトプラス (黒)」は、すでに展開している穿刺器具一体型の血糖自己測定器「アキュチェックコンパクトプラス」の操作性と仕様をアップグレードさせた後継機種です。測定器と穿刺器具の一体化による、血糖測定に必要な一連の操作を片手ですべておこなえる利便性はそのままに、画面に有機発光ダイオード(OLED)のディスプレイを採用し、薄暗い環境下での視認性を高めるとともに、測定結果の記憶容量を拡大し、最大500件まで可能としました。また、外観は、全体を黒色でシックに仕上げ、人間工学に基づいた手になじみやすいデザインへ大きくリニューアルしました。

「アキュチェックコンパクトプラス (黒)」によって、糖尿病患者さまが場所を選ばずに、よりシンプルかつスマートに血糖測定をおこなえる環境が広がります。なお、専用のカートリッジ式試験紙および専用穿刺針は、現行製品「アキュチェックコンパクトプラス」と共通でご利用いただけます。


< 製品特性 >
  • 画面に有機発光ダイオード(OLED)のディスプレイを採用し、視認性を向上
  • 測定結果を最大500件まで記憶(既存品では最大300件)
  • 人間工学に基づいた手になじみやすいデザイン
  • 測定器と穿刺器の一体化で、片手で一連の操作が可能
  • 試験紙は、ドラム型ケースに17回分をセットしたカートリッジ式
  • 試験紙を自動で準備、排出
 
<希望販売価格 >(税抜)

18,700 円 (測定器、穿刺器具、穿刺針(25本入り)込み)

 
<別売り>(税抜)
アキュチェックコンパクトドラムⅡ(試験紙)
ソフトクリックス ランセット(穿刺針)
2,040円(17枚入り)
500円(25本入り)
   
< 基本スペック >  

指先の穿刺による全血1.5μLにより、約5秒で血糖値を測定


< 製品仕様 >
寸 法 : 125 × 64 × 32 mm (穿刺器具を装着した状態)
重 量 : 147g
検体量 : 1.5μL
測定時間 : 約5秒
測定範囲 : 10 - 600mg/dL
記録容量 : 500回
測定原理 : GDH比色法

<お客様相談窓口> 0120-642-860 (ロシュにハロー)

<製品写真>

アキュチェックコンパクトプラス (黒)

 
 

<使用手順>

血糖測定に必要な操作が、すべて片手でおこなえます。

手順1 矢印 手順2 矢印 手順3 矢印 手順4 矢印 手順5
1. 電源ボタンを押して
試験紙を準備
  2. 穿刺ボタンを押して
指先を穿刺
  3. 血液を試験紙へ
付ける
  4. 測定結果を確認   5. 電源ボタンを押して
試験紙を排出

 

 

本件のお問い合わせ先

広報・CSRグループ

電話03-5443-7040

FAX03-5443-7113

ロシュ・ダイアグノスティックス株式会社