ロシュ・ダイアグノスティックス株式会社

閉じる

OPEN

ロシュ・ダイアグノスティックスのプレスリリース

2007年11月26日

(参考資料)
(この資料は、2007年11月15日付でロシュ・アプライドサイエンスよりリリースされた記事の和訳版です。)
2007年11月15日、ペンツバーグ発

ロシュとACEA社が世界的な独占契約を締結
ロシュ・アプライドサイエンス事業部門が細胞分析の革新的な主要技術を獲得


ロシュと、ACEA Biosciences社(米サンディエゴ)は、ACEA Biosciences社が有するリアルタイム細胞分析技術の開発、供給、流通に関し、独占契約を締結したことを本日発表いたしました。契約の条件によると、ロシュ・アプライドサイエンス事業部門(RAS)がACEA Biosciences社のインピーダンスベースの技術に基づいたリアルタイム細胞分析システムを独占して販売することになります。この技術により、例えばG タンパク質共役型受容体(GPCRs)に対する影響の測定などの短期的な動態解析をはじめとして、細胞増殖、細胞毒性、細胞移動から細胞浸潤の分析に至るまで、幅広い用途が可能となります。なお、契約の金銭的な条件は公表されておりません。

ロシュ・アプライドサイエンス事業部門を統括するManfred Baierは、「454 Life Sciences社とNimbleGen社のDNA/RNA解析の製品ポートフォリオは、弊社に統合される予定です。今回のACEA社との契約は、細胞分析に関する弊社の製品ポートフォリオをさらに強化し、拡大するための重要な基盤となるでしょう。細胞ベースの分析に関するACEA社のプラットフォーム製品は、ライフサイエンス分野の細胞分析において新しい業界基準になることを確信しております」と述べています。

一方、ACEA Bioscience社のCEOであるJames O’Connellは、「非標識のリアルタイム細胞ベース分析という有望な新規ビジネスの開発に向けて、ライフサイエンス産業におけるトップ企業のひとつであるロシュ社と戦略的パートナーシップを形成することができ、喜ばしく思います」と話しています。さらに、「細胞ベースの分析は、製薬産業の研究やライフサイエンス関連の研究、急速に成長しているその他多くの領域において幅広い応用が可能であり、急速に拡大している領域です。弊社のマイクロプレートベースのバイオセンサー・プラットフォームは、既存の技術では達成することができない多くの優位性をシンプルに提供することができるため、研究室の生産性が大幅に改善されるでしょう。この重要な新規領域において、ロシュ社と共同でビジネスが進められることを楽しみにしております」と述べています。

ACEA Bioscience社は、電子センサーのデザイン、革新的なデータ取得法と解析法、最適な計装設計を提案することにより、細胞生物学と分子生物学の研究室のベンチマーク・アイテムとなるような潜在性をもったユニークな細胞ベース分析のプラットフォームを提供しています。従来のアプローチと比較すると、ACEA RT-CESとRT-CIM技術の主な優位性は以下のとおりです。

  • 非標識システム
  • リアルタイム反応速度論
  • 生細胞の品質管理
  • 高情報量
  • 培養ウェル中の全細胞集団のモニタリングにおける高い感度と再現性

ACEAの技術は、マイクロエレクトロニクスと細胞生物学、分子生物学を統合したものです。このシステムの中核を成しているのは、標準サイズの16 ウェルと96 ウェルのマイクロプレートの各ウェルに組み込まれたマイクロエレクトロニクス・バイオセンサーアレイです。これにより、RT-CESRシステムは、非標識かつ自動的に生細胞の活性をリアルタイムで測定することが可能になります。細胞接着、細胞伸展、細胞増殖、細胞死から特定の形態学的変化まで、細胞関連のパラメータをいくつでも簡単、確実に検出することが可能です。

【ロシュとロシュの診断薬事業部門について】
ロシュ・グループは、医薬品と診断薬の領域では研究開発を重視した世界の先端をいくヘルスケア企業の1つであり、バーゼル(スイス)に本拠を置いています。疾患の早期検出、予防、診断および治療のための革新的な製品・サービスのサプライヤーとして、人々の健康と生活の質を改善するために幅広い分野の最前線で貢献しています。ロシュは、インビトロ診断薬とがん、移植のための薬剤分野では、世界的なリーダー企業であり、ウイルス分野や、自己免疫疾患、炎症、代謝、中枢神経系のような他の主要治療分野におけるマーケット・リーダーです。2006年、医薬品部門は合計333億スイスフランの販売実績を持ち、診断薬部門も87億スイスフランの売上げを計上しています。ロシュは世界中でおよそ75,000名の社員を雇用しており、過半数の株式を所有するジェネンテック社と中外製薬を含め、多数のパートナーと研究開発(R&D)契約および戦略的提携を結んでおります。ロシュの診断薬事業部門は、独自の幅広い製品ポートフォリオを有しており、世界中の研究者、医師、患者、病院、研究所に様々な革新的な検査薬とサービスを提供しています。詳しい情報については、 www.roche.comからご覧いただけます。

【ACEA Biosciences社について】
ACEA Biosciences社は、細胞ベースの分析用高性能マイクロエレクトロニクス・システムの開発を先導しています。薬剤開発、毒物学、癌研究、医学微生物学、ウイルス学において幅広い応用が可能であるマイクロプレートベースのバイオセンサー・プラットフォームを開発し、世界中で販売しています。ACEAの製品は、複雑な細胞ベースのアッセイ手順を単純化し、生産性を向上させ、費用対効果が優れた自動化された高度なリアルタイム自動検出システムを提供することで、ライフサイエンスの研究と創薬の市場ニーズの拡大に応えます。ACEA Biosciences社は国際的に展開し、世界中の科学者と緊密に協力しています。海外向けの製造業務は、中国浙江省の杭州でおこなわれています。販売業者のネットワークを通じて、世界中への迅速な販売、サービス、サポートが可能です。本社は米カリフォルニア州サンディエゴにあります。

詳細な情報については、下記担当者までお問い合わせください。
Roche Diagnostics GmbH
Dr. Burkhard Ziebolz
Phone +49 (8856) 60 4830
Email: burkhard.ziebolz@roche.com

本件のお問い合わせ先

広報・CSRグループ

電話03-5443-7040

FAX03-5443-7113

ロシュ・ダイアグノスティックス株式会社