ロシュ・ダイアグノスティックス株式会社

閉じる

OPEN

ロシュ・ダイアグノスティックスのプレスリリース

2007年10月22日

2社共催「STOP AIDS! チャリティ古本市」盛況
~民間ボランティア団体の活動助成金として寄付~

 

ロシュ・ダイアグノスティックス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 兼 CEO: 小川渉)と サンスター株式会社 (本社:大阪府高槻市、代表取締役社長 濱田和生)は、初の2社共同によるエイズ予防啓発活動 「STOP AIDS!チャリティ古本市」 を開催し、売上をHIV/AIDS予防啓発活動に取り組む財団法人エイズ予防財団に寄付しました。

近隣企業である2社は、これまでのHIV/AIDS予防啓発活動の経験を活かし、社会貢献と地域交流をあわせた、新たな企画に取り組みました。近隣住民の方々や芝周辺に勤務の方々など、延べ500人あまりにご来場いただき、売上は、243,990円に上りました。

また、エイズ予防財団と港区の後援により、啓発パンフレットやレッドリボンを来場者に配布することができました。さらに、みなと保健所の皆様には、本やCDの収集にもご協力いただき、行政と企業の連携の機会ともなりました。

ロシュ・ダイアグノスティックス社前 サンスター(芝公園ファーストビル)前
ロシュ・ダイアグノスティックス社前 サンスター(芝公園ファーストビル)
 

この古本市の売上は、すべて(財)エイズ予防財団に寄付させていただきます。この寄付金は、日本ストップ・エイズ基金を通じて、エイズに関わる民間ボランティア団体の活動助成金として使われる予定です。

両社は、今後もさまざまな形で、HIV/AIDSへの取り組みを継続してまいります。

本件のお問い合わせ先

ロシュ・ダイアグノスティックス株式会社
広報・CSRグループ

電話03-5443-7040

サンスター株式会社
広報室(東京)

電話03-5441-1488

ロシュ・ダイアグノスティックス株式会社