ロシュ・ダイアグノスティックス株式会社

閉じる

OPEN

ロシュ・ダイアグノスティックスのプレスリリース

2007年06月21日

(参考資料)
(この資料は、2007年6月19日付でロシュ・グループ バーゼル本社よりリリースされた記事の和訳版です。)
2007年6月19日、バーゼル発

ロシュ、NimbleGenを買収し、成長性の高い研究用マイクロアレイ市場に進出

ゲノム研究市場におけるポジショニングを強化

ロシュとNimbleGen Systems Inc.は6月19日、ロシュがNimbleGen社を完全に買収するという最終合意に署名したことを発表しました。NimbleGen(本社:米国ウィスコンシン州マディソン)は高密度DNAマイクロアレイの分野で活躍中の非上場企業であり、同社のDNAマイクロアレイは、疾患の遺伝的原因や素因要素の理解、比較ゲノム解析、潜在的な薬剤標的の同定などのために医薬品の研究で広く使われている探索・研究用ツールです。

【合意内容】
今回の合意により、ロシュはNimbleGenの株主に対して2億7250万米ドルを支払います。 NimbleGen社はロシュ・アプライド・サイエンス(ロシュ・ダイアグノスティックス事業の一部門)の一部として完全に統合されます。同社は今後も強力なアレイシステムの開発を続け、ロシュ・アプライド・サイエンスの広範な世界的販売流通ネットワークを通して販売を行ないます。NimbleGenは近い将来、最先端のゲノム解析に用いるための、より高密度なアレイや統合機器システム、関連する試薬、消耗品などを製品ポートフォリオに追加し、そのさらなる拡充を図っていきます。なお、ロシュはNimbleGen社が現在、米国ウィスコンシン州マディソン、アイスランドのレイキャビク、ドイツのヴァルトクライブルクに有している施設と同社の従業員140名を継承する予定です。 全世界のマイクロアレイシステム市場は約6億米ドルの規模を有しており、2006年には10%の成長を示しました。 買収はNimbleGen社の株主による承認と規制当局の許可を受けた後、2007年の第3四半期に完了する見込みです。

【両社のコメント】

ロシュ・ダイアグノスティックス事業部CEO、Severin Schwanは「この買収は、当社の事業をマイクロアレイ分野にまで拡大し、ゲノム研究市場における主要なプレーヤー、そして完全なソリューションプロバイダーとしてのポジションを強化するという、当社戦略の中でも重要な節目となるものです。NimbleGen社のアレイシステムは相乗性が高く、LightCycler リアルタイムPCRシステムや最近買収した454 Life Sciences社のハイスループットシークエンスシステムなど、ロシュが既に保有している革新的なゲノム研究ツールのポートフォリオを補完してくれるはずです」と述べています。

NimbleGen社CEO、Dr. Stan Roseは「ロシュは最も優れたライフサイエンス企業の1つであり、当社がロシュの成長と革新の一部を担えることを嬉しく思います。ロシュに加わることによって、当社の高密度DNAマイクロアレイ事業や、標的化DNAシークエンシング(targeted DNA sequencing)に焦点を合わせた新技術における当社の可能性は加速的に大きくなるはずです」と述べています。

【NimbleGen社について】
NimbleGen Systemsは、独自のDNAマイクロアレイを製造している先導的なイノベーターであり、消耗品、機器およびサービスを含む一式を取り扱うサプライヤーでもあります。NimbleGenは、ゲノムやエピゲノムの多様な変異全体を研究するために必要とされる、豊富な情報量と高いデータ品質をもたらす高密度ロングオリゴプローブアレイを生産している唯一の企業です。NimbleGenは、これまでゲノム全体的な規模では調査できなかった重要な形態のゲノムやエピゲノムの変異に関する複雑なデータを抽出し、統合するための、費用対効果の優れたハイスループットツールを科学者に提供することによって、高品位ゲノミクスの新たな時代を拓きつつあります。これにより、科学者はゲノムとエピゲノムの構造や機能、また、それらが生物学と医学にどのように影響するかを、よりクリアに理解することが可能となります。この性能の向上はNimbleGen独自のマスクレスアレイ合成(MAS)技術によって実現されたものです。この技術では、デジタル光処理と高速、高収率なフォトケミストリーを使用して、きわめて柔軟に高密度ロングオリゴDNAマイクロアレイを合成できます。NimbleGen社の詳細については、同社のウェブサイト(www.nimblegen.com)をご覧ください。

【ロシュグループについて】
ロシュグループは、医薬品と診断薬の領域では研究開発を重視して世界の先端をいくヘルスケア企業の1つであり、バーゼル(スイス)に本拠を置いています。疾患の予防、診断および治療のための革新的な製品・サービスのサプライヤーとして、人々の健康と生活の質を改善するために広い分野の最前線で貢献しています。ロシュグループは診断薬の分野では世界的なリーダー企業の1つであり、また、がんおよび移植のための医薬品の先導的なサプライヤー、ならびにウイルス分野でのマーケットリーダーでもあります。2006年、医薬品部門は合計333億スイスフランの販売実績を持ち、診断薬部門も87億スイスフランの売上げを計上しています。ロシュグループは世界中で約75,000人の従業員を雇用しているほか、数多くのパートナーと研究開発の契約や戦略的なアライアンスを組んでおり、そこには過半数の株式を所有するジェネンテックや中外製薬も含まれます。さらに詳しい情報については、www.roche.comにてご覧になれます。

ロシュ・グループ メディアオフィス
Phone: +41 -61 688 8888 / e-mail: basel.mediaoffice@roche.com

  • Baschi Durr
  • Daniel Piller (Head of Roche Group Media Office)
  • Katja Prowald (Head of R&D Communications)
  • Martina Rupp
  • Claudia Schmitt

ロシュ・ダイアグノスティックス株式会社